売掛金回収フローの管理が大切

売掛金と買掛金について知ろう

売掛金回収フローの管理が大切

売掛金回収フローの管理が大切 商売の基本は、仕入れた値段より高く売ることで利益を稼ぐことですが、実際のお金の動きは単純ではありません。
売るための商品を仕入れたり、店舗を借りたり従業員を確保するなど、入金よりも支出が先行するので、その資金繰りができなければ黒字倒産になってしまいます。
資金繰りのことをキャッシュフローといい、売上の決済手段が現金だけならシンプルですが、事業のステップアップを目指すなら企業間取引の売掛金の導入が効果的です。
ただし、売掛金の入金サイクルが長いほどキャッシュフローの余裕はなくなり資金調達の必要性が高まります。または、売掛債権譲渡のファクタリングを活用すれば、早期の現金化が可能です。
会社が大きくなると、営業部門は契約を結ぶことを至上目的にしがちですが、納品したのに入金がなければ納めた商品と回収できない売掛金のダブルで損失になってしまいます。
営業部門のスタッフも売掛金の回収までチェックする仕組みをつくることが重要です。

売掛金の勘定科目は資産としてとらえらますが将来の受け取りの権利です

売掛金の勘定科目は資産としてとらえらますが将来の受け取りの権利です 売掛金を仕訳でどのように処理したらいいのかといった勘定科目の問題や、売掛金が増えてきてその対応に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。売上げと売掛金は、違った捉え方をしなければならないのです。売上げは増えているが現金は入ってこないという現象が起こってきます。そのままにしておくと、貸し倒れになってしまう危険性もはらんでいます。

モノやサービスを受け取ることができる権利ととらえられますから「資産」の項目で計上しておくという意味です。信用取引や掛売りと言われ、売上代金を後日受取ることを前提にする取引です。相手先がなかなか支払ってくれなかったり、最悪では倒産してしまってリスクを負担する形にもなります。一時的な勘定科目では資産計上しますが回収して初めて現金で処理ができることになります。一方で、回収に至るまでは将来受け取ることができる権利としての意味合いしかないので、実際とは違う内容ですから売掛金が多いということは財務面でもいい事ではないのです。

新着情報

◎2019/10/31

売掛金の発生や回収の記帳方法
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

売掛金回収フローの管理が大切
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

ABLとファクタリングの違い
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

未払いの売掛金の回収方法
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「売掛 管理」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2018 売掛金と買掛金について知ろう. All Rights Reserved.